So-net無料ブログ作成
検索選択

貴理 左手 薬指 20代 恋人 もらった 指輪 [芸能]


 タレント磯野貴理(47)が18日、都内で松居直美(43)森尾由美(45)とともに、公開初日を迎えた出演映画「はやく起きた朝は…オンステージTHE MOVIE」の舞台あいさつを行った。20代の恋人の存在が報じられている磯野は、左手薬指に指輪をして登壇。観客から「指輪はどうしたの」と声をかけられ、「買ってもらった。彼氏できました。楽しくやっています」と幸せそうに語った。舞台化されたフジテレビ系トークバラエティーの公演内容を映画化。

新メンバー YGA 知らなかった事実 [芸能]



 吉本興業によるグラビアアイドルユニット、YGA(よしもとグラビアエージェンシー)に新メンバーが加入することになり、18日、都内でお披露目会見が行われた。10人目のメンバーは、最年少となる15歳の高校1年生の加藤萌笑(もえみ)で、他のメンバーとともにビキニ姿で登場。YGAを選んだ理由について「最近まで知らなかったけど…」と素直に明かし、他のメンバーをずっこけさせたが、「ニュースで(YGAが)震災の募金する姿を見て、勇気を与えているなと思った。私も日本を元気にしたい」と抱負を語った。


辻希美 息子 恋人 拒絶 本当 嫌 [芸能]



タレントの辻希美(24)が18日、都内で著書「のんちゃんぷる‐mother‐」(講談社)の発売記念イベントを行った。

 昨年12月、第2子となる長男の青空(せいあ)ちゃんを出産したが、体形はアイドル時代と同じ。「母乳をあげていたら、戻りました」。お腹が大きくなったマタニティー写真も公開し、その狙いを「お腹が出てくると、女性の方には自信がなくなる方も多いんですけど、妊婦さんならではのすてきな一面を見せられたら」と明かした。

 長女の希空(のあ=3)ちゃんと青空ちゃん、2人の子育ては「大変は大変」と仕事と子育ての両立の苦労をにじませたが、「子どもの声はどんな音楽を聴くより元気になれる」と子育てをパワーに変換している。
 「男の子は病気をしやすいと言われていますけど、まさにその通り。だからこそ、すごくかわいい、かわいいです」と生後6カ月の息子をすでにでき愛状態。「もし、彼女ができたら?」と報道陣に聞かれるだけで「嫌だぁ!本当に嫌です、嫌。想像するのも嫌!」と“嫌”を連発。将来を案じた。

 3人目の子どもに関しては前向き。「欲しいんですけど、現実的にはちょっとまだ難しいかな。2年以内には。(杉浦)太陽君も同じようなことを言っています」と希望を語った。

オリラジ 藤森 チャラ男 アピール 相方 中田 気遣い [芸能]



流行性結膜炎のため休業していたお笑いコンビ「オリエンタルラジオ」の藤森慎吾さんが、バラエティー番組「いきなり!黄金伝説。」(テレビ朝日系)の会見に登場。復帰後初めて公の場に姿を見せた藤森さんは「今日は夜の2時半に仕事が終わるんですけど、六本木イベントがあるんで顔を出そうかな」といつもの“チャラ男”キャラ復活をアピールした。

AKB 江口愛実 合成CG 確定的 医師 表情不自然 [芸能]



グリコ「アイスの実」の広告に登場するAKB48、江口愛実さんのCG説が確定的になってきた。プロフィールについて不自然な点が数多く指摘され、「100%合成CG」と断言する美容外科医も現れた。

江口さんは、AKB48の「12.5期」研究生として2011年6月13日発売の「週刊プレイボーイ」で突如グラビアデビューした。埼玉県出身の16歳、顔立ちのすっきりした美人で、プロデューサーの秋元康さんが「彼女こそ『究極』」というほどの大型新人だ。

高須幹弥医師「江口愛実は100%合成CGである!」
しかし、メンバーの菊地あやかさんが14日のブログに、江口さんが生身の人間ではなくメンバーの顔を合成して作ったCGだとばらす内容を投稿。ネットでは検証画像も多数投稿され、CGでほぼ確定ということになっている。

さらに美容整形外科、高須クリニックの高須幹弥医師も15日のブログに、「AKB江口愛実は100%合成CGである!」と断言する記事を書いている。

最初、江口さんを見て「凄い美少女が現れた」と思ったがネットでCMの動画を見て、江口さんの顔の表情が不自然なことに気付いた。

喋ったり、笑顔を作ったりしたときに、頬など口の周囲の筋肉がわずかに動いているものの、目の周りや眉間、額の筋肉は殆ど動いているように見えない。通常人間は感情を込めて笑ったりすれば、それに連動して額や眉間の筋肉も動くものだとする。


中村獅童 熱愛 認める 満たされない [芸能]



歌舞伎俳優の中村獅童が17日、東京・港区で行われた主演舞台「淋(さび)しいのはお前だけじゃない」の公開リハーサルに登場した。

この舞台は、1982年に放送されたテレビドラマの舞台版。うだつが上がらない“サラ金”の取り立て屋の沼田(獅童)が、借金の返済に苦しむ人たちと大衆演劇の一座を結成し、悪徳オーナーの追っ手から逃れるという人情喜劇。

舞台では約10年ぶりに女形にも挑戦する獅童。「子供の時に家族と一緒に(テレビドラマを)見ていました。歌舞伎の世界で女形は当たり前ですけど、テレビに女形が出てきちゃうのが珍しくて、子どもながらに楽しみに見ていました」と懐かしそうに振り返った。

また、今年1月に一般女性との熱愛が報じられ、交際を認めていた獅童。作品のタイトルにかけて「“淋しい”という言葉は、もう獅童さんには必要ないですよね?」と聞かれると、「いや、淋しいですよ。すべてが満たされることはなかなかない。役者っていうのはどこかで満たされない部分があるほうがいいんじゃないかな」と語った。


デーブ ミッツ お子様 お断り オトナの 記者発表会 [芸能]



怪しいFAXが届いた。紙にはこう書かれていた、”お子様お断り、オトナの”記者発表会。
僕、お子様じゃないから断られないよね。うん、オトナだ、たぶんオトナだ。よし、出発だ。居ても立ってもいられなくなった僕は発表会が行われる渋谷に急行した。

発表会が行われる渋谷の高級住宅地・松濤にあるスペース。ここが”お子様お断り”の会場か?きっと何かが起こるのであろう、先程までのテンションとは裏腹に恐怖心も芽生えてきた。しっかりしろ、僕。
心を落ち着かせ、場内に入り、資料を貰い、記者席に座ってやっと飲み込めた。ステージにはNEXONの文字が。オンラインゲームの雄、「マビノギ」など人気ゲームを数々展開している、あのネクソンだ。
そう、これはPC用オンラインゲームの記者発表だったのだ。実は僕、隠れゲーム大好記者(だいすきしゃ)、ここで手のひらを返したようにテンションも再上昇。


米倉涼子 情熱的 恋 行方 今は… [芸能]



 女優米倉涼子(35)が主演する舞台「風と共に去りぬ」(18日~7月10日、東京・帝国劇場)の公演初日直前イベントが16日、同劇場で行われた。19世紀の米国で真実の愛を求め力強く生きたヒロインスカーレット・オハラを演じる米倉は白いドレスに身を包み、オハラを愛したレット・バトラー役の寺脇康文(49)ら共演者とともに同劇場前に敷かれたレッドカーペットの上を歩いた。報道陣から「スカーレットのような情熱的な恋は?」と聞かれた米倉は「それどころじゃないです! (今は)舞台です」とぴしゃり。「かなりエネルギーを使って、家に帰ったらだれにも会いたくないという…」と話し、恋愛どころじゃないと強調した。ほか紫吹淳、岡田浩暉、高橋ひとみも出席した。


小日向 愛犬 妻 争奪 犬猿の仲 [芸能]



俳優の小日向文世(57)らが13日、都内で映画「犬飼さんちの犬」(25日公開)の完成披露試写会に出席した。

 犬嫌いの犬飼保(小日向)とサモエド犬のサモンが、深いきずなで結ばれるまでを描いたハートウオーミングストーリー。小日向は、犬を題材にした昨今の映画作品と比べ、「『犬飼さんちの犬』のサモエド犬のサモンのかわいらしさは、他の作品の中でも群を抜いておりまして、特にふかふかな毛並みは必見の価値があります。さらに犬の苦手な父親が、家族のごり押しによって、苦手な犬とひとつ屋根の下で生活をともにしなければならないという設定の面白さ、これまでの犬作品の中でもかなり面白い、特色のある作品になったと思います」と胸を張ってアピールした。

 私生活でも「きなこ」という名前の雄のトイプードルを飼っている。飼い始めた当初は「(犬と)女房の取り合いになりました」と敵対関係にあったことを告白。「僕のベッドを独占し始めて、僕をとるのかきなこをとるのか、女房に詰め寄ったことがある。犬猿の仲になって、うちに帰るのが嫌な時期がありました。台本を読むときに、まさに僕だなと運命的なものを感じました」とストーリーに共感できた背景を語った。

 この日はサモンを演じたサモエド犬のチリも登場した。チリは日テレ系情報エンターテインメント番組にレギュラー出演している犬「ZIPPEI」の姉にあたる。いつも笑っているように見える愛嬌(あいきょう)たっぷりの表情に、小日向はゾッコン。真っ白な毛並みを撫でながら、「撮影中はうちのきなこが目に入らなかった。(サモンに)浮気しまくっていましたね」と目尻が下がりっぱなしだった。


マツケン 芦田愛菜 癒やされる [芸能]



俳優の松山ケンイチと子役の芦田愛菜が13日、都内で行われた出演映画「うさぎドロップ」(8月20日公開)の完成披露試写会に登場した。

 松山は、引き取り手のない女の子(芦田)を連れ帰り、子育てに奮闘する主人公を演じ、「今までこういう経験がなかったんですけど…。すっごく楽しいんですよね。ずっと癒やされてました」と人気子役との共演を振り返った。

 芦田からも「やさしくてかっこよくて、休み時間も遊んでくれて楽しかったです」と喜ばれ、「打ち上げでも一緒に遊んでたもんね~」と笑顔を爆発させていた。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。